小説

太宰治『斜陽』の冒頭

太宰治『斜陽』の冒頭

〈原文〉

朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、
「あ」
かすかな叫び声をお挙げになった。

概要、あらすじ

小説『斜陽』は、1947年出版の太宰治晩年の作品で、戦後の没落していく旧貴族を描いた作品です。

主な登場人物は、主人公の元華族令嬢かず子(29歳)と、元華族夫人で爵位を持つ夫を亡くし、離婚したかず子の面倒を見ている、かず子の母。

そして、戦争から帰ってきたかず子の弟の直治なおじと、直治が憧れる退廃的な生活を送る小説家の上原二郎です。

作品のあらすじを簡単に説明すると、まず、物語の語り手であり旧貴族のかず子と、かず子の母は、戦後の時代の移り変わりによって貴族階級から没落し、東京から伊豆の山荘に引っ越すことになります。

戦争で死んだと思われていた弟の直治が、アヘン中毒になりながらも生きていることがわかり、かず子たちの家に帰ってきます。

その後、母の体調は悪化し、母が亡くなったあとどうやって生きていくかを考えたときに、かず子は、6年前に一度だけ会ったことがある、直治の尊敬する小説家で妻子のいる上原二郎に、「愛妾にしてほしい」「あなたの子供がほしい」と三通の手紙を送ります。

母が亡くなったのち、かず子は「戦闘開始」と、上原二郎に会いに行くことにし、実際に結ばれ、妊娠するのですが、弟の直治は生きづらさなどから遺書を残して自殺。母も弟も死に、上原とも距離が離れ、それでも子供とともに生きていく決意をするかず子、という物語です。

太宰治自身も、この作品の出版からまもなく自殺することになる、晩年の作品であり、この『斜陽』というタイトルに由来し、没落していく上流階級のことを意味する「斜陽族」という言葉も生まれるほど、人気となった作品でもあります。

冒頭は、「朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」とかすかな叫び声をお挙げになった。」という有名な書き出しで始まります。

母のスープの飲み方の所作で、貴族の雰囲気を表現する冒頭シーンとなっています。