日本古典文学

『平家物語』の冒頭

『平家物語』の冒頭

〈原文〉

祇園精舎ぎおんしょうじゃの鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹さらそうじゅの花の色、盛者必衰じょうしゃひっすいことわりをあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ。

〈現代語訳〉

祇園精舎の鐘の音には、この世の全てが常に流動変化し、一瞬と言えども同じ状態ではない、という無常の響きがある。沙羅双樹の花の色は、盛んな物も必ずや衰えるという道理を示している。驕り高ぶる者も長くは続かず、凋落ちょうらくするだろう、ただ春の夜の夢のように。勢い盛んな者も遂には滅びるというのも、まったく風の前のちりと同じである。

概要

奈良絵本『平家物語』 江戸時代前期

日本の古典文学を代表する『平家物語』は、平家の栄華と没落、そして武士階級の台頭を描いた軍記物語です。

詳しい制作年は分かっていないものの、鎌倉時代に成立したと考えられています。

作者も不明で色々な説があり、最古の記述としては鎌倉末期の吉田兼好『徒然草』のなかで信濃前司行長しなののぜんじゆきながなる人物が『平家物語』の作者であるという記載があります。

この『平家物語』の冒頭も、日本の古典文学のなかでもっとも有名な一節の一つで、仏教的な無常観が表現されています。

祇園精舎ぎおんしょうじゃの鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹さらそうじゅの花の色、盛者必衰じょうしゃひっすいことわりをあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ。

出典 : 作者不詳『平家物語』

これは現代語訳にすれば、「祇園精舎の鐘の音には、この世の全てが常に流動変化し、一瞬と言えども同じ状態ではない、という無常の響きがある。沙羅双樹の花の色は、盛んな物も必ずや衰えるという道理を示している。驕り高ぶる者も長くは続かず、凋落するだろう、ただ春の夜の夢のように。勢い盛んな者も遂には滅びるというのも、まったく風の前の塵と同じである。」という意味になります。

以下、一つ一つの文章や単語を追いかけながら解説したいと思います。

まず、冒頭文に出てくる「祇園精舎」とは、一体どこにあるのでしょうか。

祇園という響きから、京都のことだと思うひともいるかもしれませんが、祇園精舎は、もともと古代インドの舎衛しゃえ国にある僧院で、須達しゅだつという当時の長者ちょうじゃ(富豪であり、徳を備えた者)が、仏陀ブッダに帰依した際、仏陀とその教団のために建設したものです。

仏陀の説法も行われ、祇園精舎は仏教徒の聖地の一つとして考えられています。

画像 : 祇園精舎|wikipedia

この祇園精舎の鐘の音が、万物は常に変化し、移り変わってゆく「諸行無常」の響きである、という一節で『平家物語』は始まります。

この鐘が、一体どういった鐘だったか、それとも実際はなかったのか、というのは諸説あるようです。

次に続く「沙羅双樹」というのは、インドの高地に自生するフタバガキ科の落葉性高木で、初夏には白い花を咲かせる植物のことです。

仏教の世界では、仏陀が生まれた地にあった無憂樹むゆうじゅ、仏陀が悟りを開いた場所にあった印度菩提樹いんどぼだいじゅと並び、この沙羅双樹が三大聖木の一つに数えられます。

沙羅双樹には、仏陀との深い逸話があります。

仏陀が入滅(死去)するとき、四辺にあった沙羅の木が花を咲かせ、まもなく枯れると白く変化し、その様子が、まるでつるが群れをなして留まっているように見えたそうです

この沙羅双樹の花の色というのが、世の中のあらゆることは無常であり、勢いの盛んな者も必ずや衰えるという道理を現している、とあります。

また、「おごれる人も久しからず」というのは、自分の地位や権力に驕り高ぶった人も、永遠に続くことはないだろう、という意味です。

この「久しからず」とは、「久しい(月日が長く経つ)」の否定形で、長くは続かないという意味になります。

それから、「たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ」、すなわち、勢い盛んな激しい者も遂には滅び、それは全く風の前の塵と同じである、と続きます。

こうして『平家物語』は冒頭で、全体としての大きな主題である無常観を詩的に表現します。