日本古典文学

清少納言『枕草子』の冒頭【春、夏、秋、冬】

清少納言『枕草子』の冒頭【春、夏、秋、冬】

〈原文〉

春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。螢の多く飛び違ひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

〈現代語訳〉

春は、あけぼの(がよい)。だんだんに白くなっていく山際が、少し明るくなり、紫がかった雲が細くたなびいていく(その様子がよいのだ)。

夏は、夜(がよい)。月が明るい頃(満月)はなおさらだ。闇夜(新月)も、蛍が多く飛びかっている(その光景がよい)。また、ただ一匹二匹と、かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも趣がある。雨など降るのもよい。

秋は、夕暮れ(がよい)。夕日が差して、山の端がとても近く見えているところに、からすが寝ぐらへ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとした情趣がある。まして雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、たいへん趣深い。日が暮れてから聞こえる、風の音、虫の音などは、また言うまでもないことである。

冬は、早朝(がよい)。雪の降っている朝は言うまでもない。霜のとても白いのも、またそうでなくても、たいへん寒いのに、火などを急いでつけ、炭をもって運びまわるのも、とても似つかわしい。昼になり、寒さがゆるくなってくると、火桶の火も、白い灰が多くなってよくない。

概要

清少納言の『枕草子』は、平安時代中期に執筆されたとされる随筆で、紫式部の書いた『源氏物語』と比肩する日本の平安期の文学作品です。

また、鴨長明『方丈記』と吉田兼好『徒然草』とともに日本三大随筆としても数えられています。

製作時期は正確にはわかっていませんが、長保3年(1001年)にはほぼ完成したと見られ、『枕草紙』『枕冊子』『枕双紙』、古くは『清少納言記』『清少納言抄』などとも称されています。

この『枕草子』の執筆のきっかけや名前の由来については、『枕草子』の跋文ばつぶん(最後に出てくる文章)で解説がされています。

宮の御前に、内の大臣の奉りたまへりけるを、「これに何を書かまし。上の御前には史記といふ文をなむ、書かせたまへる」などのたまはせしを、「枕にこそは侍らめ」と申ししかば、「さは得てよ」とて給はせたりしを、あやしきをこよや何やと、つきせずおほかる紙を書きつくさむとせしに、いと物おぼえぬ事ぞおほかるや。

出典 : 清少納言『枕草子』

これをざっくりと現代語訳するなら、以下のようになります。

もともとこの草子は、中宮定子さまに、内大臣さまが謙譲なさったものなのですが、中宮さまが、「これに何を書いたらよいかしら、帝は史記という書物を書いています。」と仰ったので、私(清少納言)は、「枕がよろしゅうございましょう」と言うと、「それなら(この紙を)与えよう」と仰ってくださったので、それに、つまらないことをあれやこれやと、尽きることのないほど多い紙を書きつくそうとしたので、大層わけのわからないことが多いのです。

清少納言が言った、この「枕にこそ侍らめ(枕がよろしゅうございましょう)」というのが、『枕草子』の由来となっています。

ただし、この「枕」が何を意味するのかは諸説あり、はっきりとしたことはわかっていません。

さて、作中の冒頭は、とても有名な文章で、清少納言は、春夏秋冬の美しさを情景が浮かぶような描写で書き上げます。

春はあけぼの。

夏は夜。

秋は夕暮れ。

冬はつとめて(早朝)。

春は、あけぼの(夜空がほのかに明るむ頃)がよく、山際が次第に白くなり、紫がかった雲が細くたなびいている光景がよいでしょう。

夏は、夜がよく、満月の時期もよいですし、新月などで真っ暗でも、蛍がたくさん飛び交っているのがよく、また一匹二匹がほのかに光って飛んでいるのも趣があり、雨が降っているのも、よいでしょう。

秋は、夕暮れがよく、夕日が差し、山際が近く見えるところに、からすが自分たちの寝ぐら帰っていこうと飛んでいく光景にも趣があり、雁が連なっている様子もよく、また日が暮れた頃に聞こえる虫の音や風の音も言うまでもありません。

冬は、早朝がよく、雪が降っている様はもちろんのこと、霜がたいへん白い朝も、またそうでなくても、寒い朝に火を急いでおこして、運びまわっているのも似つかわしいでしょう。昼になって、火桶の火も白い灰が多くなってしまうのは、あまりよくはありません。

以上のように、『枕草子』の冒頭では、それぞれの季節の趣のある情景が描かれています。