言葉の意味・由来

清少納言『枕草子』の「冬はつとめて」の漢字と意味【古文】

清少納言『枕草子』の「冬はつとめて」の漢字と意味【古文】

日本古典の代表的な文学作品に、清少納言が平安時代に書いた随筆『枕草子』があります。

清少納言は、平安時代中期の女流作家、歌人で、『枕草子』の作者(本名は清原諾子きよはらのなぎこ)。

誕生日や死没の日付は分かっていませんが、966年頃に生まれ、1025年頃に亡くなったと考えられています。

この『枕草子』は、情緒的な風景を描写した「春はあけぼの」から始まる冒頭の文章が有名です。

春、夏、秋、冬のそれぞれの季節ごとに、素晴らしい、趣があってよい、という面を描いていきます。

清少納言『枕草子』の冒頭【春、夏、秋、冬】清少納言『枕草子』の冒頭【春、夏、秋、冬】 〈原文〉 春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明りて、紫だちたる雲の細く...

たとえば、「春はあけぼの」。

あけぼのとは、夜がほのぼのと明ける、夜明け頃のことを意味します。

春は、夜がほのぼのと明けようとする頃がよい、という風に清少納言は書きます。

次に、「夏は夜」。

これは文字通り夜のこと。満月のときもよいし、新月で真っ暗な闇のなかでも、蛍が飛んでいるのがよいと『枕草子』にはあります。

そして、「秋は夕暮れ」。

これも、そのままの意味となります。夕暮れどきの秋が情緒的で素敵なのは、現代人の感覚と変わらないのではないでしょうか。

最後、「冬はつとめて」。

春、夏、秋と比べ、冬に使われる「つとめて」という言葉が、一見すると意味が分からない、というひとも多いかもしれません。

この「つとめて」というのは、漢字にすると「つとめて」になります。

これは、「つとに」といった使い方をし、「ずっと以前から、早くから」「若い頃から」「朝早くに」という意味になります(音読みだとしゅく)。

例文としては、「彼は夙にその名を世に知られていた」などと使いますが、現代ではあまり使われることはありません。

さて、この『枕草子』で使用される「つとめて」というのは、「早朝」という意味になります。

そのため、「冬はつとめて」というのは、「冬は早朝がよい」という風になります。

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

冬は、早朝(がよい)。雪の降っている朝は言うまでもない。霜のとても白いのも、またそうでなくても、たいへん寒いのに、火などを急いでつけ、炭をもって運びまわるのも、とても似つかわしい。昼になり、寒さがゆるくなってくると、火桶の火も、白い灰が多くなってよくない。(現代語訳)

出典 : 清少納言『枕草子』

ちなみに、「あけぼの」と「つとめて」の違いですが、「曙」がちょうど夜が明けていく頃なのに対し、「つとめて」は夜明け後のまだまもない早朝と言えるでしょう。