雑学

切手の貼り方とつば

切手の貼り方とつば

手紙や封筒を送る際に使用する「切手」。この切手を貼るとき、どんな方法で貼っているでしょうか。

昔はよく直接舐めるなどして、つばで貼るということも多かったと思いますが、こうした貼り方は、不衛生でマナー違反だという声もあります。

つばで貼るのがマナー違反であれば、一体何で貼るのがよいのでしょうか。

実は、切手は別につばでなくても水分であればくっつくので、指を水で軽く濡らして貼る、という貼り方がシンプルです。

たとえば、コンビニなどでも、切手を購入したあと、すぐ貼る場合のために「水で湿ったスポンジ」が出されることがあると思います。

そのスポンジで軽く指先を湿らせ、切手の裏側に塗って貼るとよいでしょう。

ところで、なぜ切手は水分でくっつくのでしょう。

実は、切手の裏には、のりがつき、こののりが水によって溶ける性質を持っている、ということが、水やつばで切手を貼れる理由です。

こののりは水があると溶けて液体になる性質があるの。のりの部分に水を付けると、液体になったのりがハガキや封筒の紙にしみ込むのよ。

乾くと紙にしみ込んだのりが固まって、切手にしっかりとくっつくの。切手を貼るとき、ののちゃんのつばの水分でのりが溶けたのね。

出典 : 切手はなぜくっつくの?

ちなみに、切手の歴史を振り返ると、日本で最初に切手が登場したのは、明治4年(1871年)の竜文りゅうもん切手です。

切手は薄地の和紙で二匹の向かい合った竜が描かれ、まだ裏側にはのりもなく、江戸時代の通貨単位である「文」の字が記載されています。

名前の由来は、「竜」の絵図と単位の「文」で、当初発行された切手は、48文、100文、200文、500文の4種類でした。

まもなく、新通貨の「圓(円)」が導入され、銭の単位に変更されます。

裏側にのりがつき始めたのは、竜文切手発行の翌年に始まった「桜切手」になります。

昔は、じゃがいものデンプンで作ったのりが使用されていたものの、昭和37年(1962年)から、酢酸ビニル樹脂とPVAによるのりが使われるようになり、現在に至ります。

一方、世界初の切手は、1840年の英国の1ペニー(愛称ペニーブラック)と2ペンス(愛称ペンスブルー)の切手です。

ヴィクトリア女王の肖像画が描かれ、最初の切手の段階ですでに裏のりはついていたようです。

切手は、イギリスで最初に発行され、以降、スイス(1843年)、ブラジル(1843年)、アメリカ(1847年)、フランス(1849年)と続いていきます。