雑学

市役所への封筒の宛名の敬称は、御中か、様か

市役所への封筒の宛名の敬称は、御中か、様か

市役所や県庁、町役場など、いわゆる役所に封筒で書類を送る場合があると思います。

役所に封筒を送る際に悩むことの一つが、宛名の敬称ではないでしょうか。

一般的に手紙を送る場合、宛名の最後に「様」をつけます。

縦書きの封筒では、右側に住所を書き、真ん中に宛名を書き、最後に様をつける。

一方で、市役所などの役所に送る場合は、基本的には「様」ではなく「御中おんちゅう」という敬称を使います。

以下、宛名に使用する敬称の御中について解説したいと思います。

切手の貼り方(つばor水)切手の貼り方(つばor水) 切手を貼るもの 手紙や封筒を送る際に使用する「切手」。この切手を貼るとき、どんな貼り方で貼っているでしょ...

宛名の敬称としてよく使われるものは、今挙げたように「様」と「御中」があります。

様と御中の違いは、宛先が、個人か、団体か、と言えるでしょう。

様というのは、普段接客などの際に名前に「〇〇様」とつけるように、個人が宛名の場合に使います。

御中とは、宛名が組織や団体などの場合に使う敬称(脇付わきづけ)で、その団体の「中」の誰か、という意味合いになります。

由来というのははっきりわかっていませんが、明治以前に、脇付(手紙で、あて名の左下に書き添えて敬意を表わす語)として用いられていた人々御中ひとびとおんなかの省略形と考えられています。

明治期以前、脇付に用いられていた「人々御中(ひとびとおんなか)」の「人々」の省略形「御中(おんなか)」を音読したものか。明治後期から大正期にかけて、音読した形で脇付語として定着したと考えられる。

出典 : 御中|コトバンク

そのため、組織や団体に送るとしても、その中の特定の誰か、というのが宛名としてある場合は、「御中」ではなく「様」を使います。

また、特定の担当者がいる場合も、「担当者様」といった記載になります。

繰り返しになりますが、「御中」とは、組織や団体などに送り、特定の宛先がなく、その中の誰かへ、というニュアンスのときに使われる言葉です。

市役所や県庁への封筒も、企業などと同様、組織や団体であり、その中の誰かが受け取ってくれれば、ということから、宛名の敬称は御中になります。

御中の位置は、個人の宛名の際に「様」をつける場所と同じです。

◯◯市役所 御中

○○市役所 △△課 ××係 御中

先ほども言ったように、もし担当者に送ってほしいというような要望であれば、「担当者様」とするのが良いでしょう(参考 : 「採用ご担当者様」の正しい使い方)。

様と御中は両方同時には使わないので、併用はしないように注意しましょう。

また、返信用の封筒が入っていた場合、その返信用の封筒の宛名の敬称部分には、「行」や「宛」が書いてあると思います。

これは、自分自身で自分に敬称を使うのがマナー違反であるということから、あえてそう書いてあり、送り返す場合も、この部分を「修正」することがマナーとされています。

その際、修正液や修正テープなどで消したら失礼に当たるので、これも一つのマナーとして、「二重線」で消し、縦書き封筒の場合は下か左側に、横書き封筒の場合は右側に、「御中」と書きましょう。

画像 : ビジネスマナーとしての返信時の行・宛の消し方と御中・様の書き方

二重線による消し方は、縦書き封筒の場合、右から左斜め下への二重線、横書き封筒の場合は横の二重線にします。

二重線は、定規できっちりする必要はなく、フリーハンドで構いません。

ちなみに、御中は英語でどういう表現になるのでしょうか。

そもそも、個人主義の強い英米には、組織や団体に敬称をつける習慣自体ないようです(参照 : 御中を英語ではどう書いて外国の会社宛に手紙をだせばいいのか?)。

そのため、敬称はなく、以下の通りで十分とのこと。

For the attention of: 部署名
Attention (Attn): 部署名

その他、「Dear」も使用され、個人も団体も、ほとんど全て「Dear」を使うようです。

以上、市役所などへ送る封筒の宛名の敬称でした。