言葉の意味・由来

電話の「もしもし」の意味とマナー

電話の「もしもし」の意味とマナー

電話の「もしもし」とは

電話の最初の挨拶として知られる「もしもし」という呼びかけ、数え切れないほど使ったことがある言葉の一つでないでしょうか。

もしもしとは、電話などで相手に呼びかける際に使う用語を意味します。

携帯がない時代だったり、携帯を持っていない子どもの頃は、友だちに連絡する際、自宅の固定電話にかけることも多く、その場合、「もしもし、(自分の名字)ですけど、(友だちの名前)君いますか」と問いかけたと思います。

多くの人は、子どもの頃に、「もしもし」という言葉の使い方を教わったのではないでしょうか。

基本的には、電話を受ける側ではなく、かける側が、「もしもし」と言って、名を名乗り、〇〇さんのお宅でしょうか(お電話でしょうか)と話しかけます。

ただし、携帯電話の場合は、受ける側が、「はい、もしもし」と言うことも少なくないでしょう。

この辺りは、時代とともに変化してきた部分もあるのかもしれません。

もともと「もしもし」は、「もうし」を連ね、短縮された言葉に由来します。

電話で話し始める際、これから話をしますよ、という意味合いで、「申し上げます」「申す、申す」「申し、申し」と言っていたのが、転じて、「もしもし」になります。

電話が開通された当初は、「もしもし」ではなく、「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」と返答する形だったそうです。

これは、当初電話を持っていたのが高級官僚や実業家だったので、少し偉そうな挨拶だったのではないかと言われています。

電話の呼びかけとして、「もしもし」が使われるようになるのは、電話交換業務が始まる1890年(明治23年)以降のことです。

日本語源辞典の「もしもし」の項目によれば、「もし」は「申し」が略されたもので、「もしもし」とは、「申し申し」の詰まったもの。

電話の「もしもし」は、明治23年に、電話が日本で使われるようになった際、アメリカに研究に行った加藤木氏が「ハロー」に代わるものとして考えついたもの、とあります(参照 : レファレンス協同データベース)。

当初、男が「おいおい」で、女が「もしもし」だったという話もあり、その後、明治35年頃に「もしもし」に統一されたようです。

順番的には、「申します」が、「申す申す」となり、「もしもし」になったという話もあれば、「申し申し」が縮まったものに由来するという話もあり、この辺りの細かな経緯は定かではありません。

いずれにせよ、「もしもし」という呼びかけは、日本で電話が始まった1890年から、以後10年程度のあいだに統一されていったと考えられます。

https://www.bou-tou.net/hikikomori/

ビジネスマナーで「もしもし」はNG

それでは、ビジネスマナーとして「もしもし」を使うことはOKなのでしょうか。

もしもしは、プライベートな電話では構いませんが、ビジネスマナーとしては、基本的にNGとされています。

マナー的に問題とされる理由は、 「もしもし」が、「もの申す」の「申す、申す」に由来するという説から、「上から目線」のような印象を与えかねないので、基本的にビジネスの場では使わないように、と言われています。

ただし、電話の途中で、切れたかもしれないという確認のために、「あの、もしもし」と尋ねるといった程度は許容範囲と言えるかもしれません。

とは言え、先ほどの理由の通り、上から目線の印象を与える可能性があるので、なるべく控えたほうがよいでしょう。

もしもしを使ったから、即座にマナー違反や失礼に当たる、というわけではないものの、様々な年代の方もいる以上、ビジネスシーンでは、(相手が後輩の場合も含めて)使わないほうが無難です。

もしもしの代わりとして、ビジネスの世界の電話応対では、どういった言葉を使えばよいでしょうか。

①電話に出る際 →「はい(お電話ありがとうございます)。〇〇会社でございます」

②電話をかける際 →「わたくし、〇〇会社の〇〇と申します。いつもお世話になっております。」

③電話を取り次いでもらった際 →「お待たせいたしました。〇〇です」

④切れたか、電波の確認も含めて →「申し訳ございません。恐れ入りますがお電話が遠いようですので、もう一度お伺いしてもよろしいでしょうか。」

以上のように、ビジネスの世界では、もしもしを使うことは控え、マナーに則った表現を心がけるとよいでしょう。

英語で「もしもし」

ちなみに、日本では「もしもし」ですが、海外では、どういった表現を使っているのでしょうか。

もしもしの由来の部分で少し触れたように、英語圏のアメリカでは、電話に出た際は、「ハロー」と言います。

韓国の場合、電話の第一声は「ヨボセヨ」です。こちらも、「もしもし」の意味となります。

中国語で「もしもし」は、呼びかける際に使う「ウェイ」です。

その他、海外の「もしもし」一覧は、以下の通りです(参照 : 【豆知識】なぜ「もしもし」っていうの?世界の「もしもし」を調べてみた)。

* タイ・・・ハ(ン)ロー
* フィリピン・・・ハロー
* インドネシア・・・ハロ
* ロシア・・・アロー、アリョー
* トルコ・・・アロー
* アラビア・・・アロー
* ポーランド・・・ハロー
* フランス・・・アロ
* ドイツ・・・ハロ(-)
* イタリア・・・プロント(準備ができたの意)
* スペイン・・・オラ、オイガ(挨拶に使う言葉と一緒)
* ブラジル・・・アロー

こうして見ると、多くの国で、「ハロー」に由来する表現が、「もしもし」として使われているようです。

海外で、ハローに近い表現も多く見られる理由としては、電話がアメリカで発明され、広がったことから、「ハロー」も一緒に伝わったのではないか、という指摘もあります。

以上、電話のもしもしの意味と由来でした。