日本古典文学

吉田兼好『徒然草』の冒頭文〜つれづれなるままに〜

吉田兼好『徒然草』の冒頭文〜つれづれなるままに〜

〈原文〉

つれづれなるままに、日暮らし、すずりにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ

〈現代語訳〉

孤独にあるのにまかせて、一日中、心に向かい合っては消える他愛のない事柄を、とりとめもなく書きつけてみると、妙に妖しくおかしな気分になってくる。

概要

吉田兼好『徒然草』菊池容斎ようさい「吉田兼好」

作者の吉田兼好よしだけんこうは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人、随筆家、歌人です。生まれた年や没年ははっきりとは分かっていませんが、一二八三年頃に生まれ、一三五二年以後に亡くなったと考えられています。

中学の教科書などでは「吉田兼好」ではなく「兼好法師」と教わりますが、この兼好法師という呼び名は吉田兼好が途中で出家したことに由来し、本名は卜部兼好うらべかねよしと言います。

吉田兼好の書いた随筆『徒然草』は、清少納言の『枕草子』や鴨長明の『方丈記』と並んで日本三大随筆の一つです。

作品の制作年は、一三三〇年から一三三一年にまとめられたという説や、長年書きためた文章を一三四九年頃にまとめたという説が有力です。

冒頭文の「つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」は古典のなかではとても有名な一節です。

特に末文の「あやしうこそ物狂ものぐるほしけれ」は、現代語訳でもばらつきがあるため、原文のままそのニュアンスを感じ取るのがよいかもしれません。

この部分をざっくりと現代語訳に書き換えれば、「思いのままに、日がな一日心に移りゆくなんでもないことを、なんとはなしに書きつけてみれば、なんとも妖しく不可思議なことになった」といった意味合いになるでしょう。

この「つれづれなるままに」「よしなしごとを」「書きつく」という組み合わせは、自身の卑下や謙遜を意味する表現として過去の日本文学にも存在する定型の一つのようです。

池澤夏樹さん編集の文学全集で『徒然草』の現代語訳を担当した思想家の内田樹さんは、吉田兼好の魅力について「現場主義的」と指摘します。

言葉で表現するに当たって難しいのは手触りと匂いと味わいであり、『徒然草』は五感のなかでも特に読者の「触覚」と「嗅覚」を刺激することのできる文体であると解説しています。

また、英訳に関しては、『徒然草』には複数の英語翻訳があり、ドナルド・キーン氏による冒頭文の英訳は以下のような表現になります。

What a strange, demented feeling it gives me when I realize I have spent whole days before this inkstone, with nothing better to do, jotting down at random whatever nonsensical thoughts have entered my head.

以上、吉田兼好『徒然草』の冒頭分でした。

参考
堀江敏幸、内田樹、他『作家と楽しむ古典』

徒然草の原文内容と現代語訳|兼好法師の生涯