和歌・短歌

小野小町〜うたたねに恋しき人を見てしより夢てふ物はたのみそめてき〜意味と解釈

小野小町〜うたたねに恋しき人を見てしより夢てふ物はたのみそめてき〜意味と解釈

〈原文〉

うたたねに恋しき人を見てしより夢てふ物はたのみそめてき

〈現代語訳〉

うたたねの夢のなかで恋しいあのひととお会いして以来、(ただ儚いと思っていた)夢というものを頼みにし始めるようになったのです。

概要

小野小町おののこまちは、平安時代前期の歌人で、小野たかむらの孫です。女官として宮廷に仕えていたという話もありますが、生没年や本名含め、詳しいことはわかっていません。

言い伝えによれば、小野小町はとても美人で、和歌の才能にも秀で、多くの男性に愛されたそうです。

恋の歌を『古今和歌集』などに残し、当時の代表的な歌人である六歌仙、三十六歌仙の一人でもあります。

鈴木春信『小野小町』(wikipedia)

この「うたたねに恋しき人を見てしより夢てふ物はたのみそめてき」という和歌は『古今和歌集』に収録されている一首で、小野小町の有名な恋の歌として知られています。

うたた寝、というのは、寝るつもりはなかったのに、とこに入らないままでついうとうとと眠ってしまうこと。

うたた寝しているときに、恋しいあのひとを夢で見て以来(「見てしより」とは、「見てし時より」という意味)、ただ儚く頼りのないものだった夢というもの(夢てふ物)を、頼りにするようになってしまった(たのめてき)、という歌です。

これまで夢をそれほど頼りにはしていなかったのでしょう。

しかし、夢のなかで彼と出会って以来、恋しきひとと逢うための方法として、夢を頼りにするようになってしまった、という切ない恋心が伝わってきます。