和歌・短歌

紀友則〜ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ〜意味と解釈

紀友則〜ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ〜意味と解釈

〈原文〉

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

〈現代語訳〉

光ののどかな春の日に、桜の花はどうしてこんなにも落ち着いた心もなく散っていってしまうのだろう。

概要

これは平安時代前期の勅撰和歌集『古今和歌集』や『小倉百人一首』に収録される短歌の一つで、作者は平安時代前期を代表する歌人の紀友則きのとものりです。

紀友則は、正確な生没年は分かっていませんが、同じく歌人で『土佐日記』でも有名な紀貫之のいとこで、共に三十六歌仙に入り、『古今和歌集』の選者にも選ばれるも、紀友則は、その完成を見ずにこの世を去ります。

紀友則作画 菱川師宣(小倉百人一首)

この「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」は、紀友則の短歌のなかでも、よく知られた歌と言えるでしょう。

まず、冒頭の「ひさかたの」というのは、天や月や雨や日といった天空に関わる言葉につく枕詞で、「光」に掛かっています。

なぜ「ひさかたの」という言葉が枕詞になるかという由来や意味などは、諸説あるものの、正確には分かっていません。

「ひさかた」の語義については、「日射す方」の約とか、「日幸ひます方」の意、また、天の丸くうつろな形をひさごにたとえた「瓠形ひさかた」の意とする説などがあるが未詳。

出典 : 「久方ひさかたの」|コトバンク

次に、「光のどけき春の日に」とは、そのまま「光ののどかな春の日に」を意味します。

優しい日の光が注ぐ春の日の情景が浮かびます。

続く「しづ心なく」の「しづ心」とは、漢字で書くと「静心」で、「落ち着いた心」を意味します。

この「しづ心なく」とは、落ち着いた心ではない、落ち着くことのない、せわしなく、といった意味となります。

最後に、「花が散るらむ」とは、「花が散っていくのだろう」という風に、桜の花が散っていく寂しさを歌っています。

この歌を通して読むと、「こんなにも優しい日の光が注ぐ春の日に、桜の花は、どうして落ち着いた心もなく、せわしくなく散っていってしまうのだろう」という解釈になるでしょう。

現代でも、この感覚は分かるのではないでしょうか。

春はのどかなのに、桜の花は一緒にのどかな時間を過ごしてはくれません。次々に儚く散っていってしまう、その光景に、無常観のような寂しさや切なさが想起されます。