日本古典文学

持統天皇〜春過ぎて夏来たるらし白たへの衣ほしたり天の香具山〜意味と解釈

持統天皇〜春過ぎて夏来たるらし白たへの衣ほしたり天の香具山〜意味と解釈

〈原文〉

春過ぎて 夏来たるらし しろたへの 衣ほしたり あめ香具山かぐやま

〈現代語訳〉

春が過ぎ、夏が来たようです。(夏の青葉に包まれた)天の香具山のあたりに、白い衣が干されていますね。

概要

これは奈良時代末期に成立したと見られる日本最古の和歌集『万葉集』の歌で、作者の持統じとう天皇は、大化の改新を行なった天智天皇(中大兄皇子)の第二皇女です。

持統天皇は、645年(大化元年)頃に生まれ、703年(大宝2年)に亡くなったとされる女性天皇であり、『万葉集』では長歌二首、短歌四首を残している万葉歌人でもあります。

最初の「春過ぎて夏来たるらし」というのは、いつの間にか春が過ぎ、夏が来たようだ、という意味になります。

次の「白たへ」というのは、「白妙」のことで、カジノキやコウゾの皮の繊維で織った白い布を指します。

歌われる「白たへの衣干したり」から、白い布の衣を干している様子が伺えます。この布は、田植えの祭りをする乙女たちが、身を清めるために着る衣と考えられ、夏になると干す習わしがあったようです。

持統天皇の御製で万葉集の中でもよく知られる歌。白妙の衣は、神事に関する白い衣のことと思われ、神聖な香具山の風物により季節の移り変わりを詠んだ歌とされる。

出典 : 香具山―畝傍(JR桜井線) – 白妙の山に移ろう季節が|奈良新聞

最後の「天の香具山」とは、奈良県橿原市にある山で、「大和三山」の一つです。

大和三山(香久山、畝傍山うねびやま耳成山みみなしやま)のなかで、香具山は、もっとも神聖視されている山で、「天の」とつくのは、天から降りてきた山と言われることに由来します。

古代から「天」という尊称が付くほど三山のうち最も神聖視された。天から山が二つに分かれて落ち、一つが伊予国(愛媛県)「天山あめやま」となり一つが大和国「天加具山」になったと『伊予国風土記』逸文に記されている。

また『阿波国風土記』逸文では「アマノモト(またはアマノリト)山」という大きな山が阿波国(徳島県)に落ち、それが砕けて大和に降りつき天香具山と呼ばれたと記されている、とされる。

出典 : 天香久山|Wikipedia

天の香久山は、標高152. 4メートルと、それほど高くありません。

天香山画像 : 香具山|かしわら探報ナビ

夏の青葉に覆われた天の香久山のふもとの辺りで白い布が干されている光景を眺めながら、季節の移り変わりに感じ入り、詠んだ歌と言えるでしょう。

ちなみに、『新古今和歌集』では、「春過ぎて夏来にけらし白たへの衣ほすてふ天の香具山」という形で残っています。