和歌・短歌

若山牧水〜白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ〜意味と解釈

若山牧水〜白鳥はかなしからず空の青海のあをにも染まずただよふ〜意味と解釈

〈原文〉

白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

〈現代語訳〉

白鳥は悲しくないのだろうか(きっと悲しいだろう)、空の青色にも、海のあお色にも染まることなく漂っている

概要

若山牧水は、一八八五年(明治十八年)に宮崎県に生まれ、一九二八年(昭和三年)に亡くなる戦前の代表的な歌人です。

旅を愛した若山牧水は、各地を旅しては歌を詠み、また酒も好きだったので一日に一升程度飲んでいたと言います。自然を愛し、情熱的な恋のひとでもありました。

若山牧水の作品のなかで、もっとも有名な短歌の一つとして教科書にも取り上げられているのが、この「白鳥はかなしからずや空の青海のあおにも染まずただよふ」という歌です(歌集『海の声』収録)。

冒頭の「白鳥」の読み方は、「はくちょう」ではなく「しらとり」と読みます。

また、「染まず」は、「しまず」という読み方をするひともいるようですが、若山牧水の奥さんが、牧水本人は「しまず」ではなく「そまず」と読んでいた、という旨を手紙に残しているようです。

拝復
御問合せの歌の読み方は、「そまず」が正しいのです。故人も
「しまず」とは読んでをりませんでした。
右御承知おき下さいませ
十二月二十九日夜                   若山喜志子

出典 : 染まずただよふ 若山牧水 「白鳥は」の歌

そのため、この短歌の読みは、「しらとりは かなしからずや そらのあお うみのあおにも そまずただよう」となるので注意しましょう。

ちなみに、若山牧水の自筆の色紙にも、以下のような表記で綴られています。

画像 : 若山牧水記念館

かなしからずや、というのは、反語ないしは疑問の意味の可能性があり、反語の場合、「悲しくないのだろうか(いや、きっと悲しいだろう)」と、より悲しみを強調する意味合いとなります。

現代語訳は、「白鳥は悲しくないのだろうか(きっと悲しいだろう)、空の青色にも、海のあお色にも染まることなく漂っている」。

白鳥が、空の色にも、海の色にも染まることなく漂っている、という孤独感や寂しさを詠んだ歌であるという解釈が考えられます。

その「白鳥」は、牧水自身のことかもしれませんし、また特定の誰かのことだったのかもしれません。

この歌の描いた世界は、一体どういった情景なのでしょうか。「漂っている」というのは飛んでいるのか、それとも水面に浮いているのか、と様々な解釈が可能です。

ただ、空にも、海にも染まることがない(染まることができない)ということから、「漂う」というのは、海の一部である水面ではなく、また大空とも言えないような、それほど高くはない辺りを心もとなく飛んでいる情景を描いたものという風にも想像できるかもしれません。