日本古典文学

『伊勢物語』の作者と冒頭

『伊勢物語』の作者と冒頭

〈原文〉

昔、男初冠ういこうぶりして、平城の京春日かすがの里に、しるよしして、狩にいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。

〈現代語訳〉

昔、ある男が、元服し、奈良の都、春日の里に領地がある縁で、鷹狩りに行った。その里に、とても若々しく美しい姉妹が住んでいた。

概要

古典文学の一つである『伊勢物語』は、平安時代に成立し、平安時代初期の貴族で歌人の在原業平ありわらのなりひらがモデルとされる「男」が主人公の歌物語です。

現存する日本最古の歌物語で、具体的な成立年は分かっていません。

書名の呼称としては、『伊勢物語』『在五ざいご物語/在五が物語』『在五中将ざいごちゅうじょう物語』『ざい五中将の恋の日記』『在五中将の日記』『在五が集』など様々あったものの、平安時代末期には『伊勢物語』に統一されていったようです。

書名の由来も諸説あり、はっきりとは分かっていませんが、伊勢国を舞台に、在原業平がモデルの男が伊勢斎宮さいくうと密通するという第69段の話に由来するという説が有力です。

伊勢物語絵巻画像 : 伊勢物語絵巻初段

成立事情に謎の多い『伊勢物語』は、作者も不明で、在原業平の縁者や紀貫之など諸説あり、また様々な人物が手を加えて次第に出来上がっていったのではないか、という指摘もあります。

この『伊勢物語』の冒頭は、「昔、男……」で始まり、第一段は、「男」が、鷹狩りに行った先で見掛けた美人の姉妹に惹かれ、和歌を詠むという話が描かれます。

昔、男初冠ういこうぶりして、平城の京春日かすがの里に、しるよしして、狩にいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。

出典 : 作者不詳『伊勢物語』

初冠というのは、元服げんぷくとも言い、男子が成人し、初めて冠をかぶる儀式のことです。要は、貴族社会の成人式に当たります。

初冠(元服)とは〜意味と由来〜初冠(元服)とは〜意味と由来〜 平安時代の歌物語『伊勢物語』の冒頭でも登場する単語に「初冠」という言葉があります。 昔、男初冠して、...

はらからというのは、同胞と書き、兄弟姉妹のことを意味します。

この冒頭文を現代語訳すれば、「昔、ある男が、元服し、奈良の都、春日の里に領地がある縁で、鷹狩りに行った。その里に、とても若々しく美しい姉妹が住んでいた。」という風に話は始まります。

その後、『伊勢物語』の第一段は、次のように続きます。

昔、男初冠ういこうぶりして、平城の京春日かすがの里に、しるよしして、狩にいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。

この男、垣間見てけり。思ほえず、ふるさとにいとはしたなくてありければ、心地惑ひにけり。

男の、着たりける狩衣の裾を切りて、歌を書きてやる。その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。

春日野の若紫のすり衣
しのぶの乱れ限り知られず

となむ、おいつきて言ひやりける。ついでおもしろきことともや思ひけむ。

みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに
乱れそめにし我ならなくに

といふ歌の心ばへなり。昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。

出典 : 作者不詳『伊勢物語』

男は、その美人姉妹を偶然すき間から覗き見し、京の都ならいざ知らず、このような(寂れた)旧都に不釣り合いなほど(美しい)姉妹たちの様子に心が動揺します。

そして、彼は、自分が着ていたしのぶずりの狩衣かりぎぬの裾を切り、その想いを歌った和歌を書いて贈ります。

春日野かすがの若紫わかむらさきのすりごろも
しのぶのみだれかぎり知られず

この和歌は、現代語訳すると、「春日野の若々しい紫草むらさきで染めた衣の、しのぶずりの模様が乱れているように、(あなた達姉妹への恋を)忍んで限りなく心が乱れております。」となります。

こんな風に、男は、すぐに詠んで贈り、そのことを自分でも趣深いと思っただろうか(ついでおもしろきことともや思ひけむ)、と作者は書きます。

それから、この歌は、「みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに 乱れそめにし我ならなくに(陸奥のしのぶずりの模様のように私の心が乱れたのは誰のせいでしょうか、私のせいではなく、皆あなたのせいですよ)」を踏まえた同じ心映えの歌で、昔のひとは、こうして熱烈であり風流な振る舞いをしたものだ、という風に第一段は終わります。

ちなみに、この「みちのくの〜」という和歌は、河原左大臣の歌で、『新古今和歌集』や『百人一首』にも収録されています。

参考
高校古文『春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知られず』わかりやすい現代語訳と品詞分解