言葉の意味・由来

初冠(元服)とは〜意味と由来〜

初冠(元服)とは〜意味と由来〜

平安時代の歌物語『伊勢物語』の冒頭でも登場する単語に「初冠」という言葉があります。

昔、男初冠して、平城の京春日の里に、しるよしして、狩にいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。

出典 : 『伊勢物語』

初冠の読み方は「ういこうぶり」(音読みの場合は「しょかん」)であり、初冠とは、元服げんぷく、すなわち公家社会、武家社会の男子の成人の儀式を意味します。

この初冠という字は、男子が成人するに当たり、子供の髪型を成人の髪型に改め、初めて冠をかぶることに由来します。

『伊勢物語』の作者と冒頭『伊勢物語』の作者と冒頭 〈原文〉 昔、男初冠ういこうぶりして、平城の京春日かすがの里に、しるよしして、狩にいにけり。その里に、...

元服という字も、「元」は「首(頭)」を指し、「服」は「着用」を表すことから、頭に冠をつける、という意味になります。

武家社会では、冠の代わりに烏帽子えぼしを用いたそうです。

公家以上の人たちの間では、古来より、男性がはじめて冠をかぶる儀式を「元服」といいました。その際、眉毛をそりおとして、額ぎわに高眉をつけ、鉄漿かねで歯を染めましたが、武家社会では、冠の代わりに烏帽子をかぶりました。

出典 : きもの用語大全「元服とは」

元服の起源は、古代中国で行われた冠をつけ成年となる成人儀礼の「冠礼かんれい」と考えられています。

この冠礼が日本に伝わり、奈良時代以降に元服として通過儀礼の一つとなります。

初冠、元服の儀式が行われる年齢というのは、はっきりと定められていたわけではありませんが、だいたい15歳前後で、服装は、朝廷の男子の正装である束帯そくたいでした。

画像 : 束帯と部位の名称

一方、男子の元服に当たる、公家の女子の成人式として、「裳着もぎ」があります。

裳着とは、主に平安時代の宮廷貴族社会で行われた女子の成人式で、大人になった印として、十二単じゅうにひとえを構成する一つで腰から下にまとう「裳」を着ける儀式のことです。

画像 : 裳|Wikipedia

裳着が行われる年齢は、12〜14歳頃(通説では初潮を迎えたあとの10代前半)で、配偶者が決まったり、その見込みが高くなったときに行うことが多く、この儀式によって結婚の資格を得たことを意味します。

元服や裳着などの成人儀礼はあくまで上流階級のしきたりで、庶民のあいだでは、年齢とは関係なく、「一人で鹿を狩れるようになったら一人前」「米俵を一人で運べるようになったら大人」など、各地で成人の通過儀礼が存在していたそうです。

また、江戸時代に入る頃には、元服も庶民社会で広がっていったと言われています。

現在のように、成人の年齢が20歳と定められたのは明治時代に入ってからであり、なぜ20歳で大人とされるか、その理由は定かではありません。

日本で初めて成人年齢を20歳と定めたのは明治9年の太政官布告だった。江戸時代は地域によってばらつきがあったという。29年制定の民法でも、「成人は20歳」としている。

なぜ、20歳を成人としたのか定かではない。法務省幹部は「当時の日本人の平均寿命や精神的な成熟度などを考慮したのではないか」と説明する。

出典 : 「20歳」明記は明治9年|産経新聞

成人式の起源は、戦後まもなく、1946年に埼玉県の現蕨市で開催された「青年祭」のプログラムである「成年式」と言われています。

この青年祭に影響を受けた日本政府が、1949年の1月15日を「成人の日」と指定し、全国に広がり、現在の成人式に繋がっていきます。

成人の日が1月15日と定められたのは、元服の儀が、旧暦で新年最初の満月の日である1月15日に行われたことに由来しています。