日本古典文学

紀貫之『土佐日記』冒頭文〜男もすなる日記といふものを〜|現代語訳付き

紀貫之『土佐日記』の冒頭文〜男もすなる日記といふものを〜|現代語訳付き

〈原文〉

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。

〈現代語訳〉

男のひともするという日記というものを、女の私も試しに書いてみようと思う。

概要

これは紀貫之(872〜945)の『土佐日記』冒頭、古典文学のなかでも特に有名な一文の一つです。

現代語訳では、「男のひとが書くと聞く日記というものを、女の私も試しに書いてみようと思う」という意味の文章で、作者の紀貫之は、あえて女性のふりをして「男もすなる日記といふもの」を書こうと試みます。

なぜこんな不思議な手の込んだ演出をしたのかと言うと、『土佐日記』の書かれた平安時代中期には、日記というのは冒頭の一文にあるように男性官人による公務の記録のことであり、漢文で書かれることが普通でした。

ひらがなは、当初女性によって用いられたもので、会話や和歌を描写することに長けています(和歌では男性も使用しますが、日記では使いませんでした)。

このひらがなの特性を活かした新しい日記文学の形に挑戦してみようという狙いが、紀貫之にあったのではないかと考えられています。

この『土佐日記』は、土佐守(現在の高知県知事相当のポスト)の任期を終えた紀貫之が、京都の自宅に着くまでの55日間の旅を綴った日記文学。

文章は、「男もすなる」の冒頭文のあと、「それの年の、十二月の二十日あまり一日の日、戌の時に門出す。そのよし、いささかものに書きつく」と続きます。現代語訳は、「ある年の十二月二十一日午後八時頃に出発する。その旅の様子を少しばかり書きつける」。こうして旅の日記が始まります。

タイトルの『土佐日記』は、英語訳でもそのまま「Tosa Nikki」ないしは「Tosa Diary」と言い、英語版『The Tosa Diary』も出版されています。

参考
紀貫之、西山秀人編『土佐日記 ビギナーズクラシックス』