短歌

俵万智〜「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ〜意味と解釈

俵万智〜「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ〜意味と解釈

〈原文〉

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

概要

俵万智たわらまちさんは、1962年、大阪府生まれ、福井県育ちの現代日本を代表する歌人の一人です。

早稲田大学第一文学部に入学後、「心の花」を主宰している佐佐木幸綱ゆきつなに師事し短歌の世界に入ります。

佐佐木信綱のぶつなが1898年(明治31)2月に創刊した歌壇最古の歌誌。初期数年は旧派や根岸派との交流が多かったが、1904年(明治37)からは純然たる信綱主宰の竹柏ちくはく会の機関誌となった。1963年(昭和38)信綱没後は佐佐木由幾(1914―2011)・幸綱らを中心に運営され、1982年2月には1000号に達した。

出典 : 心の花|コトバンク

大学卒業後、国語教員として働きながら発表した作品が話題となり、1987年に第一歌集『サラダ記念日』を出版すると、社会現象となるほどの大ベストセラー(280万部)となりました。

書籍のタイトルの由来となった作品が、「「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」であり、この「「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ」という短歌も、『サラダ記念日』に収録されている歌です。

現代の短歌で、冬の代表作と言ったら、この歌なのではないでしょうか。意味自体も平易で、分かりやすく、それゆえに親しみやすい歌です。

恋人なのか、友人なのか、家族なのか、今ならTwitterなどSNSなども含めて、寒いね、と呟いたときに、寒いね、と答えてくれる、この小さな心の共有の、共有できる人がいるということの、ほのかな温かさ。

作品は、具体的な描写が省かれているので、相手との関係性や、背景は読み手に委ねられています。

個人的には、冬の夜、白い息を吐きながら、まだ恋愛関係までは進んでいない相手と、携帯電話越しに話しながら、ふとこぼれた言葉、という情景が浮かびます。

厳密に言えば、発表当時は携帯電話もインターネットも、もちろんSNSも普及していないので、もっと近い距離感を描いた歌なのかもしれませんが、平易な表現で、かつ具体的な描写も外したことで、時代を問わず、様々な場面で共感できる短歌となっています。

有名なサラダ記念日の短歌も、「寒いね」の歌も、共通しているのは、「たった一人の肯定」ということではないでしょうか。

俵万智〜「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日〜意味と解釈俵万智〜「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日〜意味と解釈 〈原文〉 「この味がいいね」と君が言ったから七月六...

この味がいいね、と言ってくれた「あなた」。寒いね、と返してくれた「あなた」。「あなた」の存在に救われる、という歌。

この短歌を、英語訳した場合として、たとえばハーバード大学東洋学部の日本文学のクランストン教授の翻訳があります。

原文 : 「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

英語訳 : “isn’t it cold?” I ask — that’s when having someone there who will reply “Yes, it’s realy getting cold” is what provides the warmth.

短歌のリズム感を英語で表現するのはとても難しいので、どうしても冗長になってしまうのは仕方がないのでしょう。

ちなみに、この短歌のついとして思い浮かぶ作品が、自由律俳句を代表する俳人の一人、尾崎放哉の代表句「咳をしても一人」です。

咳をしても一人、部屋に響く咳の音、誰の反応もない、届く相手がいないことの孤独さが伝わってくる句です。