雑学

手紙のかしこと男性

手紙のかしこと男性

一般的な手紙を送る際には、頭語で始まり、結語で締める、という形式があります。

代表的な頭語としては、「拝啓はいけい」「拝呈はいてい」「啓上けいじょう」「一筆申し上げます(主に差出人が女性の場合)」があり、結語としては、「敬具けいぐ」「敬白けいはく」「拝具はいぐ」「かしこ(主に差出人が女性の場合)」があります。

この「かしこ」という言葉は、主に女性が使う手紙の末尾に添えられる結語で、「かしく」「あらあらかしこ」「あなかしこ」といった場合もあり、基本的にはひらがなで書かれます。

もし、あえて「かしこ」を漢字にするとすれば、「賢、畏、恐」が当たります。

かしこの語源は、古語の「かしこし」で、「かしこまる」とも同根です。

現代では、「かしこい」と言うと、漢字で「賢い」と書き、「利口だ、頭がいい」といった意味になりますが、もともと古語の「かしこし」は、自然に宿ると信じられた精霊の霊威に対し、「おそろしい」と感じる畏怖の念から、「恐れ多い、尊い、もったいない」といった意味となります。

この「かしこし」を使った和歌に、『万葉集』収録で笠女郎かさのいらつめが大伴家持に贈った、「伊勢の海のいそもとどろに寄する波かしこき人に恋ひわたるかも」という歌があります。

このときの「かしこき人」が、「畏怖すべきあなた、恐れ多いあなた」といった意味になります。

全体を現代語訳すれば、「伊勢の海をとどろかせて寄せてくる波のように、畏怖を抱くほど立派なあなたを恋し続けます」となるでしょう。

古語の「かしこし」が、手紙の最後に添える「かしこ」の由来で、「恐れ多いことをお書き申し上げました」といった意味合いになります。

https://www.bou-tou.net/kashikoshi/

かしこを手紙で使う場合、頭語はどの組み合わせでもよく、頭語なしでかしこのみといった使い方もされます。

また、現代では、かしこを使う際は差出人が女性の場合で、男性が送る際は、基本的にかしこという結語は使いません。

男性の場合は、敬具や敬白などの他、かしこまった言い方として、恐惶謹言きょうこうきんげんといった結語を添えます。

恐惶謹言 : つつしんで申し上げることの意。特に、書状などの末尾に書止めとして記して敬意を表わす文言。

出典 : 恐惶謹言|コトバンク

ただ、この「かしこ」に関し、「男性は使わない」といった形式は、近世に入ってからのもので、昔は男性でも使っていたようです。

たとえば、坂本龍馬が姉の乙女に宛てた手紙でも、末尾に「かしこ」や「穴かしこ」を用いています。

右の事ハ、まづまづ あいだがらにも すこしもいうては、見込のちがう人あるからは、をひとりニて御聞おき、かしこ。(文久3年5月17日)

おとめさまへ 此手がみ人にハ けしてけして見せられんぞよ、かしこ。(元治元年6月28日)

出典 : 宮地佐一郎『龍馬の手紙』

あなかしこ、というのも、かしこと同義で、この「あな」は、感動詞の「あな」であり、「ああ恐れ多いことよ」という意味になります(漢字で「穴賢あなかしこ」と書くのは当て字です)。

さらに古くは、戦国武将の伊達政宗も、「かしこ」を使った場合があったそうです。

漢字が多い書簡には「謹言」、逆に仮名の多い書簡には「かしこ」を使った伊達政宗の書簡の例もあるという。

出典 : 近世女文における「かしこ」

坂本龍馬が手紙に「かしこ」を使ったのは、相手が姉であり女性だったからという話もあり、また、伊達政宗が使ったのも、仮名の多い手紙の場合だったようで、男性が使うと言っても使い分けはあったのでしょう。