言葉の意味・由来

「めっきり」の漢字と語源は?

「めっきり」の漢字と語源は?

今でもときおり使われる言葉に「めっきり」という副詞があります。

めっきり(と)、という言葉は、状態の変化がはっきり感じられるさまや、物事や数量が十分に大きいことを意味します。

めっきりの意味(コトバンク)
①状態の変化がはっきり感じられるさま。「めっきり(と)涼しくなる」「めっきり(と)老けこむ」
②数量や物事の程度が十分に大きいさま。

ちょっと古めかしい表現のようにも見えますが、まだまだ普段使いされ、手紙やメールなど文章だけでなく、日常の会話でも使用されます。

文章の場合、基本的にひらがな表記ですが、昔の小説などで漢字で書く場合は、「滅切」という風に表記されることがあります。

ところが、私が如何どうにか斯うにか取続とりつづいて帰らなかったので、両親は独息子ひとりむすこたまなしにしたように歎いて、父の白髪しらがも其時分僅のあいだ滅切めっきえたと云う。

出典 : 二葉亭四迷『平凡』

さて、このめっきりという表現、必ずしもネガティブというわけではありませんが、たとえば、「めっきり手紙を書かなくなった」「めっきり老け込んだ」「めっきり体が弱ってしまった」という風に、一つのことが減少傾向にあったり勢いが衰えている際に使われることが多い印象を抱きます。

逆に、「めっきり体が強くなった」というような言い方はあまり見られません。

ただ、辞書を見ても、必ずしも「減っていく」ということを意味しているわけでもないようで、これは時代とともに根付いた傾向なのかもしれません。

実際、小説の一文としても、勢いがついた際の表現として使われている場合があります。

もし左様さうだとすれば、心臓から動脈へが、少しづゝ、後戻あともどりをする難症だから、根治は覚束ないと宣告されたので、平岡も驚ろいて、出来る丈養生に手を尽した所為せゐか、一年許りするうちに、案排あんばいに、元気が滅切めつきよくなつた。

出典 : 夏目漱石『それから』

この漱石の一文なども、「元気がめっきりよくなった」と勢いがついた様として使用されていますし、他にも、「めっきり暑くなった」という用例も過去には見られます。

めつきり暑うなつた、散歩したが物足らないので、酒を借り魚を料理して、樹明君の来庵を待ちくたぶれて、やうやく飲み合つた。

出典 : 種田山頭火『其中日記』

昔は、めっきりが必ずしも減少や衰えばかりを指したものではなかったようです(とは言え、用例辞典で「めつきり」と検索してみると、減少や衰えの方向で使われる作品が多く見られます)。

それでは、めっきりの語源とは一体どういったものなのでしょうか。

調べてみたのですが、残念ながら、語源についてはよく分かりませんでした。

この「めっきり」の類語として「めきめき」という表現がありますが、「めきめき」の場合は、「めっきり」と違い、ポジティブなイメージのみで使用されます。

めきめきの意味(コトバンク)
①目に見えて、進歩・発展するさま。「めきめき(と)腕をあげる」
②物がこわれたり、きしんだりする音を表す語。めりめり。「床がめきめき(と)鳴る」

どちらかが派生語なのかもしれません。

オノマトペの辞典によれば、「めきめき」は、「めきりめきり」とも表現し、また「めっき」という言葉もあるそうです。

『日本語オノマトペ辞典』によると、「めきめき」とはものごとの程度が目に見えて進んでいく様のことで、めっきり、めきりめきりとも。ある状態が誰でもわかるほど確定するさまを「めっき」ともいうとか。更なる語源や成り立ちはこれには載ってないですね。

出典 : 闇の中のジェイ(Twitter)さん