言葉の意味・由来

久しからずの意味

久しからずの意味

久しからず、というのは、「長くは続かない」という意味です。

もともと、久しい、というのが「長い時間が経っている、行く末が長い」という意味で、その否定形に当たるので、久しからず、というのは「長くは続かない」となります。

例文として有名なのは、『平家物語』の冒頭の一節、「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」です。

これは、地位や権力に驕り高ぶった者も、長く続くことはない、まるで春の夜の夢のように、という無常観を表現した文章です。

また、この『平家物語』の一節から、「驕る平家は久しからず」ということわざもあります。