言葉の意味・由来

今は昔の意味

今は昔の意味

古文の冒頭で使われるフレーズに、「今は昔」という表現があります。

今は昔とは、説話や物語文学などの書き出しに用いられる慣用句ですが、現代語訳すれば、「もう今となっては昔のことだが」という意味で、今の表現で言う「むかしむかしあるところに」と似たような意味合いです。

今は昔、という冒頭文で有名な作品と言えば、日本最古の物語と言われる『竹取物語』です。

この『竹取物語』は、時代としては平安時代前期の作品と言われていますが、原本は残っておらず、作者も、正確な成立の年代も分かっていません。

現代では、『竹取物語』は、『かぐや姫』という呼び名で幼い頃から親しまれています。

また、少し前には、ジブリの高畑勲監督がアニメーション映画化。美しい水彩風の映像や懐かしく寂しげな音楽が印象的な感動の映画作品です。

高畑勲『かぐや姫の物語』 予告編

さて、この『竹取物語』の有名な冒頭は、国語の教科書で学び、学校で暗記して朗読した、というひとも少なくないのではないでしょうか。

今は昔、竹取のおきなといふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきのみやつことなむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。

出典 :『竹取物語』

この部分を現代語訳すると、以下の通りとなります。

「今となっては昔の話ですが、竹取の翁という者がおりました。野山に分け入って竹を取っては、様々なことに使っていました。名を、讃岐の造といいました。(ある日)竹のなかに、根元の光っている竹が一本あり、不思議だと思って近づいてみると、筒のなかが光っています。その光をよく見ると、三寸ほどのとても可愛らしいひとが座っていました。」

高畑勲『かぐや姫の物語』

以上のように、「今は昔」とは、「むかしむかしあるところに」というように、古い物語や逸話を語る際の書き出しとして使用された表現です。

ちなみに、英語で「むかしむかしあるところに」は、「Once upon a time」や「Long, long ago」と訳されるようです。