日本古典文学

『竹取物語』の冒頭

竹取物語の冒頭

〈原文〉

今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。 野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。 名をば、さぬきのみやつことなむいひける。 その竹の中に、もと光る竹なむ一すぢありける。

〈現代語訳〉

今となっては昔のことだが、竹取の翁という者がいた。野山に分け入っては竹を取り、様々なことに使っていたそうである。名を、さぬきの造と言った。その竹のなかに、根元が光っている竹が一本あった。

概要

竹取物語 絵巻

平安時代初期に成立した『竹取物語』は、仮名文による日本で最初の物語文学です。

古くは『かぐや姫の物語』『竹取翁物語』などとも呼ばれています。

作者、成立年ともに不明ですが、成立年は9世紀後半説と、10世紀中頃説とあり、民間に伝わっている「竹娘説話」や「羽衣説話」が骨子となっています。

竹取の翁が、竹のなかで見つけたかぐや姫を育て、やがて大きくなると五人の貴公子の求婚を受けるも姫はこれを断り、帝の召命にも応じることなく、八月十五夜に月の世界へ帰っていく、というのが、簡単な物語のあらすじです。

冒頭は、竹取の翁の説明と、その翁が竹のなかに光る一本の竹を見つける、かぐや姫との出会いのシーンが描かれています。

この翁の名前である「さぬきの造」は、漢字で書くと讃岐さぬきのみやつことなり、この造というのは、宮廷に支えた今で言う公務員の意味があります。

ジブリの高畑勲監督の遺作として知られる『かぐや姫の物語』は、『竹取物語』を原作にしています。