言葉の意味・由来

一言とは、どれくらいか

一言とは、どれくらいか

日常的に使われる言葉の一つに、「一言ひとこと」という表現があります。

たとえば、用例として、「ちょっと一言よろしいでしょうか」「今の気持ちを一言」「新郎新婦に一言」などが挙げられます。

一言とは、辞書的に言えば、「ひとつの言葉。わずかな言葉。ちょっと言うこと。」という意味になります。

しかし、「一言」と言いながら、全然一言ではなく長々としゃべる人もいるように、実際に、一言の定義や基準は決まっていません。

一言とは、一体どれくらいの時間なのか、文字数なのか、というのは、感覚的なものと言えるでしょう。

一言が、一行や一文程度の場合もあります。

たとえば、「最後に一言。絶対、負けるんじゃねえぞ!」とエールを送ることもあるでしょう。

一方で、「最後に一言だけ、お伝えしたいことがあります」と言ってから、句読点や接続詞も使って、二、三の文章に連なる場合も少なくありません。

主文の文章量やその場の流れなども含めて、一言の量も、その都度変わり、一言が、短い場合もあれば、ほどほどに長い場合も、流れ次第では決して不自然ではないでしょう。

とは言え、「一言」と言いながら、くどくどと長いと、聞いている側も集中力を切らしたり、イライラしたりするものなので注意が必要です。

また、説明の際に、「一言で表すと」と言うこともありますが、これは、要は「わかりやすく言うと」という意味ですから、端的に説明したほうがよいでしょう。

繰り返しになりますが、一言がどれくらいか、時間や文字数の基準、定義等は定まっていません。

しかし、長さとしては、たとえば、多くても精々二、三の文章の連なりにする。

あるいは、結論だけにする(「なぜなら」と色々理由を付け足したり、「しかし」など、逆までいちいち語らない)、といった節度は必要かもしれません。

ちなみに、一言の話に関連して言えば、日常的に「余計な一言」を言ってしまう人もいるのではないでしょうか。

あの人はいつも一言多いんだよね、と言われるような、余計な一言を足して、人から嫌われる、というパターンがあります。

アナウンサーの魚住りえさんは、この「余計な一言」について、悪気はなく、自己顕示欲が強めの人が言いがちだと指摘しています。

たとえば、つい相手をけなす一言を加える人、答えを先回りして言ってしまう人、話が終わる頃に別の話題を仕掛ける人、「疲れている?」「大丈夫?」を連発する人、余計なおせっかいをしてくる人、などを例に挙げています(参照 : 嫌われる人の「余計な一言」、よくある5大NG「イラッとする、失礼!」あなたは大丈夫?)。

自己顕示欲が強いということは、逆に言えば、自信のなさの表れかもしれません。

相手より優位に立ちたくなる、誤解されるのではないかと不安になるなどの心理から、余計な一言を、つい足したくなる。

まずは自分が普段「余計な一言」を言っていないか、セルフチェックしてみるとよいかもしれません。