和歌・短歌

紀貫之〜袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ〜意味と解釈

紀貫之〜袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ〜意味と解釈

〈原文〉

袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ

〈現代語訳〉

(昨年の夏の日に)袖を濡らしてすくった川の水が(冬のあいだに)凍っていたのを、立春の今日の風が溶かしていることだろう。

概要

紀貫之は、日本の日記文学の代表作である『土佐日記』の作者としても知られる平安時代の歌人で、三十六歌仙の一人でもあります。

紀貫之の生まれた正確な年は分かっていませんが、貞観じょうがん8年(866年)または貞観14年(872年)頃に生まれ、天慶8年(945年)に亡くなったと考えられています。

紀貫之紀貫之(狩野探幽『三十六歌仙額』)

この「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」という紀貫之の和歌は、平安時代前期の勅撰ちょくせん和歌集『古今和歌集』に収録されている歌です。

勅撰和歌集とは、天皇や上皇の命令によって編集された和歌集のことです。

詞書ことばがきには、「春立ける日よめる」とあり、これは「立春の日に詠んだ」という意味です。立春は、冬が極まって春の気配が立ち始める日で、旧暦だと十二月後半から一月の前半になります。

歌の冒頭、「袖ひちて」の「ひちて」とは、「水にぬれること、つかること」を意味し、続く「むすびし」は、「手ですくった」という意味です。

昨夏のある日に、袖をぬらして手ですくった谷川の水が、冬になって凍り、その凍っている水を、「春立つけふ」、すなわち立春の今日に吹く風が、「とくらむ」、溶かしていることだろう、となります。

そのため、「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」とは、「(昨年の夏の日に)袖を濡らしてすくった川の水が(冬のあいだに)凍っていたのを、立春の今日の風が溶かしていることだろう」という現代語訳になります。

袖ひちてむすびし水、という表現で夏の情景が描かれ、こほれる、という部分で凍っている冬が浮かびます。

そして、春立つ今日の風によって川の氷が溶けていく様子という風に、季節の移り変わる循環のイメージが想起されます。

紀貫之『土佐日記』の冒頭紀貫之『土佐日記』の冒頭 〈原文〉 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。 〈現代語訳〉 男のひとも...