言葉の意味・由来

大手と搦手とは

大手と搦手とは

日本史の用語に「大手おおて」と「搦手からめて」という言葉が登場することがあります。

これは、お城の「大手門」、「搦手門」、という使い方をし、大手門が城の正面にある正門、搦手門が城や砦の裏門を意味します。

大手門 → 正門

搦手門 → 裏門

また、戦の際に、敵の正面を攻撃する軍を「大手」、城の裏門や敵陣の後ろ側から攻める軍を「搦手」と言い、それぞれ対義語の関係にあります。

画像 : 横山光輝『マンガ日本の古典 平家物語(下)』

平安時代末期、福原にいる平家を討ちに行く源氏軍は、大手の大将軍を源範頼が、搦手の大将軍を源義経が担います。

この大手という言葉、今でも「大手町」といった町名がありますが、この名前も、城の正門という意味の「大手」に由来します。

「大手」とは、城の表側。つまり正面のことです。ということは、「大手門」とは、城の顔となる正面玄関のこと。

多くは人や物の流れの中心となる街道や、防御機能も兼ね備えた城下町に通じています。この大手門の前に位置することからついたのが、「大手町」という地名です。

出典 : 第32回【構造】「大手」ってよく見かけるけど、どこのこと?

城の大手門は、正面だけあり、しっかりとした厳かな外観で、防御体制も整っています。

大手の語源は「追手おうて」と書き、「追手町」という名前の残る城下町もあります。

この追手の由来は、諸説あるようですが、一つは戦い方のセオリーが関連しているという説があります。

敵が正面側から攻めてくると、裏側の出入口から守兵を出し、敵を正面に追い込んで攻撃・退却させ、場合によっては追撃するという、城に攻めてくる敵を迎撃する時の戦い方のセオリーが語源になっているという説があります。

出典 : 第32回【構造】「大手」ってよく見かけるけど、どこのこと?

正面(追手)から攻めてくる際、裏側から兵を出し、正面に追い込み、攻撃、撃退する、ということが由来と言われています。

一方、搦手門は、普段は手軽な出入り口として使われたり、不浄なものを運び出すときに使用されたそうです。

また、搦手門から兵が出て攻撃を仕掛けたり、脱走の経路としても使われ、そのぶん小さいことも多かったと言われています。

搦手という言葉には、他に、「物事の裏面」や「相手の弱点や、相手が注意を払っていないところ(搦め手から批判する)」という意味もあります。

ちなみに、搦手の「搦」とは、「取る、からめとる、縛り上げる」といった意味合いになります。