小説

太宰治『斜陽』の名言

太宰治『斜陽』の名言

太宰治は、1909年(明治42年)に生まれ、1948年(昭和23年)6月13日に、38歳という年齢で愛人との入水自殺によって亡くなる日本の作家です。

戦後の没落していく貴族を描いた小説『斜陽』は、太宰治晩年の1947年に出版、作品のタイトルに由来した、没落貴族を意味する「斜陽族」という言葉も生まれるほどの人気となった太宰治の代表作の一つです。

斜陽とは、西に傾いた太陽、夕陽を意味し、転じて、 「新興のものに圧倒されて、しだいに没落していくこと」を指します。

主な登場人物は、主人公で作品の語り手の元華族令嬢かず子(29歳)と、元華族夫人で爵位を持つ夫を亡くし、離婚したかず子の面倒を見ている、かず子の母。そして、かず子の弟の直治なおじと、直治が憧れる小説家の上原二郎です。

皆どこか退廃的であったり、儚い人物で、その一つ一つの言葉にも、死や憂いの美しさが備わっています。

以下、この『斜陽』に登場する言葉から選んだ名言を紹介したいと思います。

普通の病気じゃないんです。神さまが私をいちどお殺しになって、それから昨日までの私と違う私にして、よみがえらせて下さったのだわ。 p30

出典 : 太宰治『斜陽』

東京から伊豆に引っ越した際、東京に住んでいた頃を恋しく思い、体調を崩したときのかず子の母の言葉です。

夏の花が好きなひとは、夏に死ぬっていうけれども、本当かしら。P48

出典 : 太宰治『斜陽』

かず子の畑仕事をぼんやりと眺めながら言った、夏の花が好きな母の言葉です。

他の生き物には絶対に無くて、人間にだけあるもの。それはね、ひめごと、というものよ。P57

出典 : 太宰治『斜陽』

自分はもう必要ないんだと取り乱し、私には行くところがある、と母に言い放ったかず子。少し経ち、「それはどこなの?」と母に尋ねられ、答えたときのかず子の言葉。母は、ほんのり頬を赤く染め、そのかず子のひめごとが実を結びますように、と祈ります。

結局、自殺するよりほか仕様がないのじゃないか。このように苦しんでも、ただ、自殺で終るだけなのだ、と思ったら、声を放って泣いてしまった。P72

出典 : 太宰治『斜陽』

弟の直治が、麻薬中毒に苦しんでいた頃に書いた「夕顔日誌」と名付けられたノートにあった一節です。

とにかくね、生きているのだからね、インチキをやっているに違いないのさ。P74

出典 : 太宰治『斜陽』

この一文も、直治の夕顔日誌に書かれた文章で、その他、当時の感情が書き殴られるように綴られています。

世間でよいと言われ、尊敬されているひとたちは、みな嘘つきで、にせものなのを、私は知っているんです。私は、世間を信用していないんです。札つきの不良だけが、私の味方なんです。札つきの不良。私は、その十字架にだけは、かかって死んでもいいと思っています。万人に非難せられても、それでも、私は言いかえしてやれるんです。お前たちは、札のついていないもっと危険な不良じゃないか、と。P102

出典 : 太宰治『斜陽』

かず子が、上原二郎に宛てて書いたラブレターに近い手紙のなかの一枚に載っている一文。妻のある上原に、三通の手紙を送り、「あなたの赤ちゃんがほしいのです。」「お逢いしとうございます。」「私の望み。あなたの愛妾になって、あなたの子供の母になる事。」と強い想いを打ち明けます。

ご無事で。もし、これが永遠の別れなら、永遠に、ご無事で。P117

出典 : 太宰治『斜陽』

かず子が十代の頃に出会った友人が、かず子に言ったバイロンの詩句の一節。その友人がレーニンの本を貸してくれ、読まずに返したかず子とのシーンで、友人は、「あなたは、更級日記の少女なのね」と言い、それから別れ際に言った言葉です。

バイロンは、19世紀前半のイギリスの詩人。この「ご無事で。もし、これが永遠の別れなら、永遠に、ご無事で。」というのは、太宰治独自の翻訳のようです。

太宰治「ご無事で。もし、これが永遠の別れなら、永遠に、ご無事で。」太宰治「ご無事で。もし、これが永遠の別れなら、永遠に、ご無事で。」 太宰治の小説『斜陽』に出てくる言葉に、「ご無事で。もし、これが永遠...

原文は、“Fare thee well! and if for ever, Still for ever, fare thee well ──”。詩のタイトルは、『FARE THEE WELL(全文)』です。

幸福感というものは、悲哀の川の底に沈んで、幽かに光っている砂金のようなものではなかろうか。P128

出典 : 太宰治『斜陽』

美しい映像が浮かぶような名言で、かず子が、母の幸福感を想像しながら表現した言葉です。悲しみの限りを過ぎ、不思議な薄明かりの気持ちを抱いたとき、それが「幸福感」というものではないか、とかず子は考えます。

死んで行くひとは美しい。生きるという事。生き残るという事。それは、たいへん醜くて、血の匂いのする、きたならしい事のような気もする。(……)けれども、私には、あきらめ切れないものがあるのだ。あさましくてもよい、私は生き残って、思う事をしとげるために世間と争って行こう。P129

出典 : 太宰治『斜陽』

かず子にとっての庇護者でもあった母が亡くなっていくことを思いながら、たとえそうなっても、生きていこうと決意を胸に刻む、かず子の言葉です。

生きている事。生きている事。ああ、それは、何というやりきれない息もたえだえの大事業であろうか。P147

出典 : 太宰治『斜陽』

上原二郎たちのどんちゃん騒ぎを見ながら、かず子が思う言葉。きっと何かが間違っていたとしても、生きている以上、生き切りたいと願う以上、自分の恋と同じように、こうでもしないといられないのかもしれない、とかず子は思います。

僕は、僕という草は、この世の空気との中に、生きにくいんです。生きて行くのに、どこか一つ欠けているんです。足りないんです。いままで、生きて来たのも、これでも、精一ぱいだったのです。P158

出典 : 太宰治『斜陽』

物語の終盤、自殺した直治の遺書に書かれている言葉の一節。まるで作者の太宰治の心の叫びのように思えなくもありません。

ただ、この小説は、最後の貴族だったのではないかというかず子の母や、この世に適応できずに自殺を選ぶ弟の直治、退廃的な生活を送る上原二郎とは対照的に、たくましく世間と闘って生き抜こうとする主人公のかず子の言葉もあり、決して暗いだけの結末にはなっていません。

こいしいひとの子を生み、育てる事が、私の道徳革命の完成なのでございます。

あなたが私をお忘れになっても、また、あなたが、お酒でいのちをおなくしになっても、私は私の革命の完成のために、丈夫で生きて行けそうです。

出典 : 太宰治『斜陽』

小説のラストは、かず子から上原二郎へ宛てた「おそらくはこれが最後の手紙」で終わります。

以上、太宰治『斜陽』の名言でした。