漫画

3月のライオン〜意味と由来〜

3月のライオン〜意味と由来〜

羽海野チカ『3月のライオン』〈1〉

雑誌『ヤングアニマル』で連載中の羽海野チカさんの漫画『3月のライオン』は、2007年から連載開始。2021年で、単行本は16巻まで発売されています。

羽海野チカさんと言えば、長編デビュー作で、美大をテーマにした青春漫画『ハチミツとクローバー(通称『ハチクロ』)が大人気の漫画家。

ハチクロは、アニメ化、映画化、ドラマ化も実現しています。

羽海野チカさんは、年齢や本名は非公開で、誕生日は8月30日。

ペンネームは、昔描いた読み切り作品の『海の近くの遊園地』というタイトルに由来します。

遊園地自体、もともと好きだったようです。

名前の最初に「羽」という漢字を持ってきたのは、当時パウル・クレーの『忘れっぽい天使』という絵のコピーに、鉛筆で、海とふわふわの雪の絵を描きたして貼り、羽と海が似合うな、と思ったからだそうです。

パウル・クレー『忘れっぽい天使』 1939年

出身地は、東京都足立区で、都立工芸高等学校のデザイン科に入学。

卒業後は、大学進学ではなくサンリオに就職し、キャラクターのデザインをしながら、勤務外で同人活動もします。

その後、独立してフリーでキャラクターデザインなどを手がけながら、コミケに参加するなど、漫画家への夢も諦めずに活動します。

たまたま、『CUTiE Comic』へのカット絵の仕事を依頼された際にネームを見せたことから『ハチミツとクローバー』でデビューが決まり、初連載となります。

そんな羽海野さんの第二作目である『3月のライオン』は、家族を幼い頃に失い、15歳でプロ棋士となった桐山れいくんが主人公の将棋漫画です。

前作同様、『3月のライオン』も、アニメ化や実写映画化がされ、実写版『3月のライオン』では、主人公の桐山零くん役を俳優の神木隆之介さんが演じ、零くんとイメージがぴったりと話題に。

映画『3月のライオン』予告編①

ところで、タイトルにある「3月」と「ライオン」、一見すると関係がないように思える二つの単語ですが、この『3月のライオン』というタイトルには、一体どんな意味が込められているのでしょうか。

タイトルのきっかけとなったのは、1992年に公開された矢崎仁司監督の実写映画『三月のライオン』のポスター。

映画のポスターに写った、おかっぱ頭の女性がアイスをくわえている写真が印象に残り、そのとき、タイトルの「三月のライオン」という言葉も一緒に記憶に残ったと羽海野さんは言います。

矢崎仁司『三月のライオン』

この『三月のライオン』とは、イギリスの気候に関することわざ、「3月はライオンのように訪れ、穏やかな子羊のように去る(March comes in like a lion, and goes out like a lamb.)」に由来します。

これは、文字通り、春先の3月の初めは、荒々しい天気となり、最後は穏やかに春へと移ろう、という意味です。

映画は観てないんですが、そのポスターが好きだったんですね、すごく。

おかっぱの女の子が食べかけのアイスをくわえているポスターで、その表情がまたすごくよかったんですよ。

それでその映画は観てないんですが、タイトルは頭に残っていて。イギリスのことわざなんですよね、これ。3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る。

物語がつくれそうな言葉だなとずっと思っていたタイトルです。

出典:ダヴィンチ 2008/04月号

羽海野チカさんは、この映画を観たことがなかったそうで、映画と漫画で直接の関係はありません。

漫画『3月のライオン』も、タイトルのすぐそばに小さく、サブタイトルとして、「March comes in like a lion」と書かれています。

漢字と数字で違うのは、同名のタイトルを使えないといった事情もあったのかもしれません。

また、もう一つ、タイトルの由来として、これは公式情報ではありませんが、プロの将棋の順位戦(リーグ戦)の最終局が「3月」である、ということが挙げられます。

3月になると、棋士たちは「ライオン」のように燃え上がると、『3月のライオン』の将棋監修を担当する先崎学棋士がコラムで解説しています。

順位戦は六月に始まり、月1局ずつ、三月までかけてやります。三月の最終局に昇給(降級)をかけた棋士は、この漫画のタイトル通り、ライオンになるのです。

出典 : 羽海野チカ『3月のライオン〈2〉』

これが、実際に羽海野チカさんが連載を始める前にタイトルに込めていた意味かというと、まだ分かりません。

ハチクロが、物語の結末にその意味が繋がっていったように、もしかしたらラストシーンに向かって、今後なぜ『3月のライオン』なのか、ということも見えてくるのかもしれません。

以上、『3月のライオン』というタイトルの意味でした。