雑学

夏目漱石〜「月が綺麗ですね」「月が青い」〜意味と解釈

夏目漱石〜「月が綺麗ですね」「月が青い」〜意味と解釈

夏目漱石と言えば、『吾輩は猫である』『こゝろ』『坊っちゃん』など、代表作を数多く残している日本を代表する明治の文豪です。

その夏目漱石が、英語で「私はあなたを愛している」ということを意味する「I love you」を、直訳ではなく「月が綺麗ですね」と翻訳した、という逸話は有名です。

これは、夏目漱石が海外の小説を翻訳する際に「月が綺麗ですね」と訳したというわけではなく、当時英語教師をしていた夏目漱石が、「I love you」を「我君を愛す」と翻訳した教え子に対し、「日本人はそんなことは言わない。月が綺麗ですね、とでも訳しておけば足りる」と言ったというエピソードに由来します。

愛している、という直接的な表現は日本的ではなく、むしろ、「月が綺麗ですね」と添えることによる優しい空間の共有や、間接的な表現で、じゅうぶん愛を伝えるのには「足りる」と考えたのでしょう。

確かに、花束を持って「I love you.」と言うのは、(嬉しい人もいるでしょうが)ちょっと表現として重たいかもしれません。

和歌などでも、直接的な表現は避けますが、愛を表現する際も、一緒に夜道を歩きながら、ふと「月が綺麗ですね」と言うくらいがちょうどいい塩梅あんばいというのはあるでしょう。

ただ、この夏目漱石の逸話は、事実か嘘か、といった議論があり、実際には漱石は「I love you」は「月が綺麗ですね」で足りる、といった類のことは言っていない、という声も少なくありません。

実際、この逸話の出典を調べても、定かではなく、根拠となる文献は見つかっていません。

Q.夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとされる根拠となる文献はないか。

A.確かな根拠を示す資料を見つけることはできませんでした。

出典 : レファレンス協同データベース

そもそも、逸話そのものが記載されている資料自体もほとんどなく、たとえば、福田眞人『明治翻訳語のおもしろさ』の136ページに、“漱石は、それを「月が奇麗ですね」と訳したとされる”とあるものの、更なる細かい出典等の記載はないようです。

このとき漱石に直接言われた教え子というのが誰なのかはもちろんのこと、このエピソードを誰が最初に言い出したのか、いつから言われるようになったのか、といった詳細もわかっていません。

現在確認できるこの話のもっとも古い登場としては、1977年に豊田有恒が書いたコラムがあります。ただ、表現は少し違って「月がとっても青いなあ」という形になっています。

夏目漱石が、英語の授業のとき、学生たちに、I love you.を訳させた話は、有名です。学生たちは、「我、汝を愛す」とか、「僕は、そなたを、愛しう思う」とかいう訳を、ひねりだしました。「おまえら、それでも、日本人か?」漱石は、一喝してから、つけくわえたということです。「日本人は、そんな、いけ図々しいことは口にしない。これは、月がとっても青いなあ――と訳すものだ」なるほど、明治時代の男女が、人目をしのんで、ランデブーをしているときなら、「月がとっても青いなあ」と言えば、I love you.の意味になったのでしょう。

出典 : 豊田有恒『あなたもSF作家になれるわけではない』

ただし、この逸話も、「有名です」とはあるものの、どこで誰が言っている、といった細かい説明はありません(参考 :「月が綺麗ですね・死んでもいいわ」検証)。

同時期に別の書籍でも、「月が青い」と訳した話が有名である旨が登場するので、この時点で(細かい注釈をつけなくてもよいほど)知られていることではあったのでしょう。

画像 : 飯間浩明(国語辞典編集者)Twitterより

そもそも、「月が綺麗ですね」と「月がとっても青いなあ」は、意味合いやニュアンスが違いますが、なぜ「青い」から「綺麗」に変化していったのかも定かではありません。

もう少し時代を遡り、昭和30年(1955年)に、菅原都々子の大ヒット曲『月がとっても青いから』があり、もしかしたらこの時点で知られていた話だったのかもしれません。

歌詞の冒頭は、「月がとっても青いから 遠回りして帰ろう」で始まります。

月が青い、という状況が、具体的にどういう光景なのかわかりませんが、たとえば、次のような指摘もあります。

昭和30年ごろ、月が青いんだから回り道しようと歌ったのは歌手の菅原都々子さんでしたが、このときもおそらく、月そのものが青いのではなく、まわりの景色が月明かりで青っぽく見えたということなのでしょう。現実的には、「月がこんなに明るいのだから、少しぐらい遅くなってもかまいませんよね?」と言っているだけなのだと思います。

出典 : 月がとっても青いから(井原市 美星天文指導員)

この歌詞の解釈からすると、月明かりで周囲も青く見えるほど明るいのだから、遠回りして帰ろう、もっと一緒にいよう=愛している、ということでしょう。

もし、その解釈が正しいとすれば、変化した「月が綺麗ですね」と言うのも、「月が綺麗に見えるほど明るいから、もう少し一緒にいませんか」という意味なのかもしれません。